ハイエンドPCレンタルの株式会社サードウェーブレンタル

HOME > 社員ブログ > VRといえば

社員ブログ

VRといえば

VR
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VRといえば

VRといえばバーチャレーシングを思い出してしまう、W田です。
GPUって言葉が出来る前のブログに引き続き、今回も超個人的な話や超主観的な話が殆どになりますし、遥か彼方の記憶のため、色々間違っているかもしれません・・・
予めご了承、お願いいたします。

VRでまず思い出す事

バーチャレーシングですが、当時は中免しか持ってなく、ファイナルラップで自機を緑にして遊んでいたくちなので、まともに1周するのに苦労してました。

VRのHMDを見て最初に思い出した人が多いであろう、バーチャルボーイ。略称のVBもVRと似てますよね?
ゲーム屋さんの試遊戯機で、めっちゃ遊んだんですが購入には至らず・・・
短時間遊ぶ分には良いけど、家で長時間ずっと遊び続けるのかって所で引っかかって、買わなかった様な記憶が有ります。
当時にゲーム機とかのレンタルっていうのが普通に有ったら、レンタルしてたかもしれないです。
あと、3色LED版が出てたら、3Dテレビよりも先にVRのブームが来ていたかもですよね。

HMDで思い出す事

ゴーグル系の物を覗いて遊ぶと言えば、子供の頃、デパートの屋上にあるゲームコーナーで遊んだ、潜水艦のゲームを思い出します。
潜望鏡状の物を覗いて、そこに出てくる敵戦艦をミサイルで撃破する内容だったのですが、周りの視界が遮られる事による没入感が好きで、良く遊んでました。
『出てくる』と書いたのは、ハイエンドPCで現物が有る様な錯覚を起こす表示がされるというのではなく、
戦艦の絵が描かれたビニール状の物が、ひょこっと『出てくる』アナログなゲームだったからです。
まぁ、40数年前のゲームって、ドライブゲームを含め、ほとんどアナログな物ばっかりでしたけどね~
ハイエンドというかハイテクな物って言う基準が、今とは全然違いましたし。

VRのこれから?

潜水艦のゲームもバーチャルボーイも共通している『周りの視界が遮られる事による没入感』という人間の五感に関わってくるところは、
今も昔も、ローテクアナログなゲームもハイテクハイエンドPCを使ったVRゲームも変わらないと思うので、
VRを楽しむには、今より小型軽量化はしていっても、HMDは必須で有り続けるんでしょうね。
あと、ライトな物とハイエンドな物との2極化が進んでいく可能性がありますよね。
スマフォ使用やスタンドアローン型とハイエンドPCと接続するタイプとで。
普段は家でライトな物で気軽に、イベントやレジャー施設(この言葉がアナログ?)でハイエンドな物で本格的に楽しむとか。
ハイエンドな物はコントローラーも進化して、五感全部で本物の様な体感が出来る様になりそうですね。

あとがき

さて、少しは仕事の話を書かないと怒られるので、ここからは告知などを。
サードウェーブレンタルでは、前回の社員ブログのあとがきにも記載が有る、
VR Ready搭載PCをはじめ、各種ハイエンドPCをご用意しております。
更に今なら、キャンペーンを実施しております。(ご好評につき期間延長しました!)
ご興味が有る方はもちろん、ご興味が無い方もぜひ一度、キャンペーンページを覗いてみてください。
(視界を遮る機器は不要です・・・)
TWRT-2ヶ月無償キャンバナー69x330-01修正A.png

キャンペーン以外のご質問・ご相談も随時お待ちしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは コチラ
P.S.次回ブログは別担当者になるので、まじめな内容になるかと思われます(ですよね?次の人)

 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

お問い合わせ

資料請求やお見積のご依頼など、まずはお気軽にご相談ください。