ハイエンドPCレンタルの株式会社サードウェーブレンタル

HOME > 社員ブログ > GPUって言葉が出来る前

社員ブログ

GPUって言葉が出来る前

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GPUって言葉が出来る前

3D用グラフィックカードの昔話的なのを少し。
超個人的な話が殆どになります。あと遥か彼方の記憶のため、色々間違っているかもしれません・・・
予めご了承、お願いいたします。

3D用グラフィックカードとの出会い

私が最初に触れた3D用グラフィックカードは、ダイアモンドマルチメディア社のMonster3Dでした。
当時、一世を風靡した、3dfx社のVoodooチップ搭載品です。
新品では購入する事が出来ず、中古で購入でした。(購入店はニノミヤPCXtown横の・・・)
Glide対応ソフトでの3D性能に衝撃を受けて、ゲームしまくってました。
2D用には、Matrox社のMillennium(WRAM増設済み)を積んでいましたので、
「これで2Dも3Dも最強!」って、勝手に一人でテンション上げて楽しんでいました。
グラボ同士をVGAケーブルで繋ぐって、今では考えられないですけどね・・・。

Voodoo2以降

その後、Monaster3DとMillennium共に2へ正当(?)アップグレードして、
引き続きガッツリとゲームを楽しんでました。
個人的な予算の都合上、SLIは試さないままでしたが・・・
その次は、Banshee(Rushから見たらこちらも2号機ですね)搭載品に乗り換え、
1枚で完結出来るのってやっぱり楽やな~って思いながら使ってました。
それから3以降には乗り換えず、ハードウェアT&L搭載製品へ流れていきました。
新しいもの好きの血には逆らえませんでした・・・
当時は、NVIDIAのRIVA、ATIのRAGE、S3のSavage、Video LogicのPowerVRとかでしたかね。
いろんな店頭デモを見て、画質や発色の好みでATIに流れました。
それから現在に至るまで、ATI(AMD)メインで買い替えてます。
って、ここ数年、他のパーツ含め全く買い替えれてないのですが・・・。

あとがき

当時のいろんな商品が出てきてワクワクしてた状況って、今のVRと似てるな~って個人的に思ってます。
はたして、どっか一社が抜け出すのか、それとも混戦で進んでいくのか。
個人的には、お値段がお安くなって行っていただける方に少しでも進んでもらえると・・・
まぁ、その前にPCのアップグレードが必要なんですが・・・

 


 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

お問い合わせ

資料請求やお見積のご依頼など、まずはお気軽にご相談ください。