ハイエンドPCレンタルの株式会社サードウェーブレンタル

HOME > 高校eスポーツ部支援プログラム > 特集・記事 > 活用校の声 朋優学院高等学校(東京都)

高校eスポーツ部支援プログラム

特集・記事

特集・記事

活用校の声

朋優学院高等学校 
(東京都)

2018年度から支援プログラムを導入、第2回全国高校eスポーツ選手権 リーグ・オブ・レジェンド部門ではベスト8と好成績を残している朋優学院高等学校のeスポーツ同好会顧問 岸波禎人先生に、部活動の取り組みや支援プログラムについて伺いました。

eスポーツにおけるチームメンバーとの意思疎通の重要性を理解し、
積極的にコミュニケーションをとるように。

eスポーツ部設立や支援プログラム導入のきっかけ 学校へ支援プログラムの案内が来たことをきっかけに、生徒に呼びかけをしてeスポーツサークル(現:同好会)を立ち上げました。
eスポーツ部設立の効果や部での生徒の様子 リーグ・オブ・レジェンドでは、他の団体競技と同様にチームメンバーとのコミュニケーションが不可欠です。本校の同好会ではその重要性を理解し、部員が積極的にコミュニケーションをとるようになりました。
部活動のスケジュールや活動内容 週3日、2〜3時間ずつ練習を行なっています。内容は個人練習・チーム練習・練習試合が主です。

活用校の声 朋優学院高等学校(東京都)01
活用校の声 朋優学院高等学校(東京都)02

高校eスポーツ部支援プログラムは
eスポーツ部設立にネックな高い初期費用を解決してくれます。

支援プログラムのPCの使い心地について 支援プログラムで導入されるGALLERIAは接続が安定しており、非常に使いやすいです。
無償期間終了後はどのように運営していくか 学校の部費を利用してPCを購入するか、現PCの買取も検討しています。
eスポーツ部の設立や支援プログラムを
ご検討されている方(学校)へ一言
eスポーツ部の設立には初期費用が多くかかりますが、支援プログラムはその悩みのほとんどを解決してくださいます。回線や台数の調整もしやすく、設立には欠かせないものになっています。

活用校の声 朋優学院高等学校(東京都)03
活用校の声 朋優学院高等学校(東京都)04

CONTACT

お問い合わせ

資料請求やお見積のご依頼など、まずはお気軽にご相談ください。
※只今コロナウイルス対策で在宅勤務を行っておりますので、
お電話にてお問い合せご希望の方も、右下のお問い合わせよりお願いいたします。